【ナンパ】今だから書かなきゃいけない事〜ナンパで仕事をダメにしないために〜

先日の仕事の大失敗。


あれから色々考えた。



先方とは未だにちゃんと話はできていない。

数千万の損失を出した可能性がありながら、
今後どうなるかわからない。




そんな状況で俺は、
今後のナンパとの向き合い方を考えていた。




なぜか。


ナンパによって自分の運気を下げているのではないかと感じたからだ。




自分は元々、
会社員で法人営業をしていた時から、
顧客に貢献する事を
徹底して意識してきた。



営業をしていると、
中にはクソみたいな商品を
売らなきゃいけない時もある。


いい商品だけど売上数字がつかなくて、
クソな商品を売った方が
予算達成しやすい時もある。


でも自分は徹底して、
顧客の貢献を意識した。



顧客の役に立たないものは売らない。

自分の売上が伸びにくくても、
役に立つものを売る。

そしてフォローをしっかりする。

フォローをしながらヒアリングし、
必要があれば追加提案する。




そうして信頼残高を積み重ねていった結果、
右肩上がりに売上は伸び続け、
売上上位層の中では誰よりも社歴が短かった。


結果、会社を辞めますというと、
顧客からウチの面倒を見てくれと言われた。
そして独立後の生活もまあまあ上手くいっている。



ナンパでもそうだ。
信頼残高を積み重ねてきた。

30過ぎの行き遅れた女だった彼女とは、
紆余曲折あったけど結婚した。

当然、浮気はする。

ナンパしたいから別れたいと、
正直に言った事もある。


でも、
それでも続けられたから結婚した。

それでも辛い時一緒に過ごす事が出来たから、
こいつにしようと思って結婚した。

性格がありえないくらいいい女だってのもあるけど、
結婚してから自分の運気は上がり始めたと思う。





何が言いたいかというと、
今まで貢献を意識して、
信頼残高を徹底的に積み重ねてきた。


その結果、
自分の運気は上がり良い人間関係に恵まれ、
長年の目標だった独立を果たす事が出来た。


まだ問題は多いけどね。







だけど、ナンパを始めると
仕事とナンパのコントロールが難しくなる。



仕事ではひたすら自分を自制するのに対し、
ナンパでは欲望を全開にする。

自分自身の中で、
欲望と自制のコントロールが難しい。

プラスしてそれ以上に、
ナンパでは自分の欲望だけが全面に出すぎている気がする、

女の子に悪いエネルギーを与え、
エネルギーを奪っているのではないかと思う事がある。



仕事は顧客への貢献、
顧客の成功を祈って行う。

しかしナンパは女の子を性欲の玩具にするだけで
女の子を不幸にしているのかもしれない。
(女の子がどう捉えているのかっていうのが重要だ)




7月に扁桃腺炎で入院する前、
シンガポールから来たミャンマーの子を即った。

その時は2日かけてデートして、
自分の正直な気持ちを伝えて、
相手のホテルに行って即った。

告白したわけじゃないし、
色を使ったつもりはなかったけど、
大分好かれてしまったみたいだった。

その後4日くらいずっとチャットが送られてきた。
放置すると彼女はとても悲しそうだった。

俺の事をガールハント好きな男だとは思いたくなかったみたいだ。
この時は必要以上に情熱を伝え過ぎたと思った。




扁桃腺炎になったのはこのすぐ後だ。






最近も、
プールの乱の後に
寝違えて首がムチウチみたいになった。

それまでも少し組手で首を痛めてたし、
そこに体を冷やしたまま寝たからっていうのもあるけど。

乱に満足しすぎて
仕事と体のケアに意識がいかなかった。


そして首が痛くて
ロクに頭が回転していないのに
ナンパの事ばっかり考えて
仕事の事を考える時間が減った。

結果、今回のトラブルが起こったのだ。


前兆はあったにも関わらず、
それでもハロウィンナンパに向けて
ナンパにのめり込んだ結果、
当然やるべき部分に気づく事が出来なかった。





大好きなナンパをする事が
身の回りを不幸にし、
自分自身も不幸にしている。





だからしばらく1人になって、
改めて仕事もナンパも含めた
自分の在り方を考えてみた。





結果、当然といえば当然の1つの結論に達した。





仕事もナンパも、
それは車の両輪になっていないといけない。


仕事がうまくいくとナンパも上手くいく。
そしてナンパがうまくいくと仕事も上手くいく。


仕事で生まれたポジティブなエネルギーを
ナンパで増幅させて、
ナンパで生まれたポジティブなエネルギーを
仕事でまた増幅させる。

そんな好循環にしなければいけない。



そしてそのためには貢献マインドが必要だ。

仕事とナンパをポジティブなエネルギーで循環させるには、
クライアントの幸せのために貢献するマインドが根本にないといけない。



自分は女の子をただ欲望の食い物にして、
不幸にするような事はしたくない。


ナンパで出会った女の子に、
刺激と快楽だけじゃなく
愛情とか癒しとか人生観、人生戦略とか、
先の人生にプラスになるような学びを提供できるようになろう。



そんなナンパをしようと思った。



そうして思考していった結果、
自分の目指すスタイルがはっきりと固まってきた。









つづく