【ナンパ】あげまん論1〜遊ぶ女はあげまんになりやすい〜

はるたろうです。

今回はちょっと変わった記事です。



表題の件ですが、
すごく簡単にいうと、
一度遊びまくった女は一途になれる、
と僕は考えてます。


男を手の平の上で転がした事のない女は、
結婚した後、
他の男に言い寄られた時に、
崩れてしまいやすいと思います。

遊んだ事がなければちょっとした浮気心を突かれて、間男とズルズルSEXしてしまい、
騙されて借金したり犯罪に巻き込まれる可能性もあると思います。

(ちなみにはるたろうは一時期犯罪心理の本とか読んでましたが、
殺人とかも、事件の経緯を見ると
何らかの肉体関係から始まる事が多いです。)



特にその女性が魅力的であれば、
そういうタイミングは絶対にあるはずなので。


しかし一方、
一時期めちゃめちゃ遊びまくって、
同時進行で何人も付き合っていたような女は、
意外と裏切らなかったりします。



なぜかというと、
女性の側に男をコントロールできる器量があるから、
そしてその女性は最上の男を選ぶからです。



同時に何人も付き合うのって結構要領よくないとできないです。
その遊びで培った要領の良さを全て1人の男に注ぎ込むので、一言でいうと器量がよくなります。

料理も家事も子育ても仕事も器量が大事ですから。


プラス、それだけその女性はモテる中で1番いい男を選ぶので、
そういう女は選んだ男を裏切りません。

男遊びを知って、
その上で他の男でなくこの男、
と考えた女の意志は固いです。

女は根無し草の男と違い、
その男の遺伝子を受けて子供を産み、
育て上げる体の構造を持ってますから、
その構造に伴って意志の固さも男の何十倍も強いです。

だって考えてみれば分かりますけど、
子供出来たけどやっぱやめたとか、
簡単に出来ないですよね。


だからその分女性は、
信念を曲げる事なく尽くす力を持っています。



だから、ナンパ師の都合のいい論理にも聞こえるかもしれませんが、
女の子は若いうちは遊びまくった方がいいです。


いつか出会う、生涯を共にする男に全力を尽くすために。

そういう意味でナンパ師は、
抱いてはいけない子もいますけど、
抱かなきゃいけない子もいますよね。