【起業】薄っぺらい教材の有効活用法

ども、はるたろうです。

 

 

普段、
「もっと効率よくインプットできないかな?」

と思う事がよくあります。

 

 

というのも、

僕は独立間もないのでもっと情報のインプットが必要。

勉強が必要なんです。

 

 

僕はWEBコンサルですしね。

 

コンサルは背景にある情報量が多ければ多いほど、抜きん出られる職種です。

それに、WEBの専門コンサルタントから経営サイドに近付けるほど、

案件が川上から取れるようになるので、

理想的には経営コンサルタントになるのがベストです。

 

 

 

だから、情報のインプットがこれでもかってくらい必要なんですけど、

なかなかこれが難しい。

 

 

なぜかというと、頭脳労働だからです。

レポート見て広告運用の添削したり、

アナリティクス見ながら、戦略考えながら音声聞くのって難しいですよね。

 

 

これが転売ビジネスなんかだと、

業者間取引以外のどのフェーズでも

リサーチでも梱包でも、

インプットしながら作業ができるっていうメリットがあるんですけど。

 

 

残念ながら、WEBコンサルにはそれがないですね。

 

 

一方、僕が聞くのはある程度の密度がある音声ばっかりなので、

ながら聞きだと頭に入らない上に、

意味が分からないので聞き流すこともできないっていう状態です。

 

 

なので困ってたんですけど、

一つ有効な手を発見しました。

 

 

 

それが、薄っぺらい教材を聞くっていうことです。

あ、薄っぺらいって言っても成功してない人の音声とかはダメです。

 

成功してるんだけど、

そのディテールを言葉に変換して伝えるのが上手くない人の教材っていう意味です。

 

 

 

結構いません?

 

こんなシンプルな事しか言ってないのによく教材にするな…みたいな人とか。

 

自分が知ってる前提知識の入り口のところばっか話して、全然奥の方の話をしてくれないなって人とか。

 

そういう人の音声を聞きながら作業すればいいんです。

という事を発見しました。

 

 

 

これなにがいいって、

聞く必要がないのがいいです笑

 

 

なにせ言語情報が薄いわけですから、

途中で意識が飛ぼうと、作業に集中して聞くの忘れてようと、

全然問題がないんですよ。

 

これ、サイコー。

 

それでいてマインドセットが高まったり、

基礎的な部分を復習出来たりしますからね、

 

 

なにせ成功者の音声って事は、

ピンキリあっても本質は押さえてるはずなんで、

考え事もしないでボーッと無駄な時間過ごしてるよりかは聞いた方が時間を有効に使えます。

 

 

というわけで、

気に入った方は是非試してみてください。

 

 

ではでは!